Twitterで仲良くなった、気になるあの人に会うと良い理由。

僕はTwitterを始めてから劇的に初対面の人に会う回数が増えたんですが、どれだけ会っても「ハズレ」がないんです。みんな、面白くて、聡明で、馬鹿で、ユーモアに溢れています。僕の大好きなタイプの人たちに、いくらでも会えるんです。学生時代の「気の合う友人率」とは比較にならないヒット率ですよ。

そして、そうして仲良くなった彼らとは頻繁に遊ぶようになりました。学生時代の友人とはせいぜい月に一度くらいしか会わないのに、週に一度は会ってる人もいるわけです。

こいつはさすがに何かロジックがあるだろうと、のらりくらりと考えていたわけです。答えはけっこうシンプルでした。
ソーシャルネットワーク上での出会いは”偶然”じゃない
日常生活での出会いって、基本的には偶然ですよね。同じクラス、同じ部活、同じ職場などなど…人間は同じ組織に属した人同士でコミュニティを形成することがほとんどです。異業種交流会や合コンなど、意図的に開催する知らない人同士の出会いの場はむしろ特殊ですよね。
続きを読む

Twitterで仲良くなった、気になるあの人に会うと良い理由。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

Drainspotting: Japanese Manhole Coversを購入。これはおすすめ。

Drainspotting: Japanese Manhole Coversは、日本各地のマンホールの写真集です。

普段特に意識していなかったんですが、例えば観光地ではそこの名所を模したデザインであったりと、マンホールのデザインも個性豊かなんですよね。思ってる以上に色彩豊かで、被写体として十分な魅力を持っています。上の写真、この本の表紙なんですが、実はこれもマンホールなんですよ!

一番気に入ったのは、僕の生まれ故郷松本の「てまり」のマンホール。幾何学的なデザインと、鮮やかな配色がたまらんのです。

こんな感じに、日本各地の素晴らしいデザインのマンホールがまとまっています。眺めてるだけで楽しい本ですよ。おすすめです。

Drainspotting: Japanese Manhole Coversを購入。これはおすすめ。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

GOOD DESIGN EXPO 2010に行ってきた。

GOOD DESIGN EXPO 2010

先日、GOOD DESIGN EXPO2010に行ってきました。

グッドデザインエキスポは、グッドデザイン賞二次審査会終了後の会場を公開しておこなうアジア最大規模のデザインイベントです。東京ビッグサイトの巨大な空間に、身近な生活用品から乗用車や建築まで、私たちのくらしと社会をとりまく、ありとあらゆるデザイン2,000点以上が一堂に会します。

という開催概要の通り、ジャンルを問わない様々なデザインが展示されています。普通に生活していて、自分が見る機会がないものを見れたりするので面白いんですよね。
写真で振り返るGOOD DESIGN EXPO

会場の東京ビッグサイト自体がグッドデザインだったりする。
続きを読む

GOOD DESIGN EXPO 2010に行ってきた。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

20ページ / 42ページ<<...51015...181920212223...303540... >>