MacをWi-Fiルーターにして、自宅でiPhoneを快適に使おう。


内容はタイトルの通りなんですが、先にそこに至った経緯を説明します。今日、検索サービスのNAVERが画像検索に特化したiPhoneアプリをリリースしたんですよ。

NAVER画像検索App (iTunesが開きます)

これが素晴らしい出来で、iPhoneで画像検索するなら現状間違いなくファーストチョイスなんですよ。ローカルに保存しておける「お気に入り」機能なんかもあって、かゆいところに手が届きます。無料なので、ぜひ試してみてください。

で、家でこれを使って、宮﨑あおいの可愛い画像を「お気に入り」に入れまくってたわけです。ただ、画像を表示するのに3G回線だとちょっと遅いんですね。Wi-Fiを使おうにも、自室には有線LANしかありません。そこでMac本体をWi-FIルーターにする方法があるのを思い出したので、自分メモがてら紹介しておきます。
まずは設定
設定する箇所は、「システム環境設定>共有>インターネット共有」です。


「インターネット共有」をオンにする前に、右側の諸々を設定してしまいましょう。

「相手コンピュータが使用するポート」の、「AirMac」をチェックします。また、必要でしたら「AirMacオプション」でパスワードの設定を行います。

その後、「インターネット共有」をチェックすれば準備完了です。メニューバーのWi-FIアイコンから、AirMacをオンにしましょう。
iPhone側のWiFIをオンにする

「設定>Wi-FI」から、Wi-Fiをオンにします。先ほど設定したワイヤレスネットワークが自動的に検出されますので、それを選択すれば完了です。
まとめ
そんなこんなで、Wi-FIを使ってサクサクとお気に入りに画像を放り込んでたわけです。そしたらなんと、NAVER画像検索Appは52枚までという、お気に入り登録数の上限があったのです! 心苦しいですが、これからは削除と登録を繰り返すしかありません…。

まあそれは置いておいて、これは家でWi-Fi機器を使うときには非常に便利な設定だと思います。友人の家に行ったときににネットワークを借りるのにも良いですね。ぜひ覚えておきましょう。

MacをWi-Fiルーターにして、自宅でiPhoneを快適に使おう。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

関連記事