Apple Wireless Keyboard + iPhoneでの執筆環境が快適すぎる。


このブログを始めてから、ずっと外で文章を書けたら良いなあと思っていたんですよ。用と用の間に時間ができることも多くて、カフェで小一時間潰す、なんてこともたくさんありまして。その間にブログの記事書けたら、時間を無駄にしなくて良いなあと。

一応僕はMacBookProも持っていまして、しかも最も可搬性に優れる13inchなわけです。「それでも重いよ」とか言ってたら関係各所からクレームが飛んできそうなんですけども、それでも重いよ。使うかどうか分からない、2kgのブツを鞄に放り込んでおくほど僕は筋骨隆々とはしていないわけですね。

一時期iPadの購入も検討しましたが、知人のを触らせてもらったときに、どうも打キー感のなさと、キーピッチが馴染まなくて断念しました。あれで長文はきついです。

そんな最中、iOS4ではApple Wireless Keyboardを使えるという情報を聞いて、これだ!と思いました。Apple Wireless Keyboardは、なんと実測で320グラム。iPhoneはいつも持ち歩いているので、320グラムの荷物を加えるだけで、自宅と同じキーボードでの執筆環境が手に入るんです。これは熱い! 軽くて、かつ非常にコンパクトなApple Wireless Keyboardは、鞄に放り込んでおくのに最適ですね。
設定方法
iPhoneとの接続方法に関しては、以下をご覧ください。

Apple Discussions – Japan: Apple Wireless Keyboardの接続

非常に簡単ですね。1分で設定完了です。
使用感
これは素晴らしいの一言です。

単純に、自宅のMacと同様のキーボードで文章が打てるというのが快適すぎますね。カーソルキーを使えるので、漢字変換候補の選択なども素早くできます。また、iPhoneでは一手間かかる文字選択も、Shift+カーソルキーでできます。これが大きい。

また、以下のショートカットキーに対応しているようです。

command + a、 全選択
command + z, アンドゥ(前の入力に戻る)
command + shift + z, (次の入力に進む)
command + x, カット
command + c, コピー
command + v, 貼り付け
command + 上矢印, 一番上にジャンプ
command + 下矢印, 一番下にジャンプ
command + 左矢印, インジケーターを一番左に
command + 右矢印, インジケーターを一番右に
F1, 暗くする。
F2, 明るくする。
F7, F8, F9, iPod の戻る、一時停止 / 再生、 進む
F10, ミュート
F11, 音量を小さく
F12, 音量を大きく

至れり尽くせりですね。これは本当にすごいです。カット・コピー・ペーストは、上述した「Shift+カーソルキー」による文字選択と組み合わせると素晴らしい操作感です。

ちなみにマウスがないので、画面をタッチして操作しないといけない場面は多々あるんですが、それほど手間には感じないです。普段の「キーボード↔マウス」という手の移動が、「キーボード↔タッチパネル」に置き換わった感覚ですね。
改善して欲しいところ
Macだと可能なんですが、ファンクションキーをカタカナ変換などに使える機能を搭載して欲しいですね。その場合、元々の機能は「fn+ファンクションキー」で使えるようになります。iPodの操作などより、カタカナ変換の方が頻度が高いですからね。ぜひ実装して欲しいです。
まとめ
これは「超買い」です。普段持ち歩いているiPhone + 320グラムで、自宅と同様の操作感のキーボードが使える。この体験は衝撃的です。iPhoneユーザーで、外で文章を書くことが中心の方には、まさに最適解と言えると思いますよ。

これで、どこでも文章が書けるようになりました。WiFi飛んでるカフェとかで作業したら快適だろうなあ。いろいろと想像が広がります。実際に生活の中で使ってみて、またレポートを書くかもしれません。お楽しみに。


おまけ
iPhoneは自立しないので、Apple Wirless Keyboardを使うときは、何らかのスタンドが必要になります。1000〜2000円くらいのオシャレな専用スタンドもあったんですが、鞄の中に放り込んでおくにはちょっとかさ張りそう。そんなとき、素晴らしい情報を手に入れました。


洗濯ばさみスタンド!!

こいつ、完璧です。適度に開いた状態で固定するので、先端が画面を全く隠しません。また、挟む場所を動かすことで、角度調整も可能です。そして何よりコストパフォーマンスが高すぎる! 1個あたりで言ったら100円しないんじゃないでしょうか(笑)


しかも、横にも対応。横の場合は角度はあまり調整できないです。

しかし便利です。鋏と洗濯ばさみとナントカは使いようですね。家にあった洗濯ばさみを使ったので、費用は実質ゼロ円です。みなさんも試してみてください。

Apple Wireless Keyboard + iPhoneでの執筆環境が快適すぎる。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

関連記事


  • Pingback: iPhoneとiPadに最適なスタンド | Design that matters

  • A Dunhill Palody Stone

    AppleWirelessKeyboard+iPhoneで検索して参りました。
    スマートフォンどうしようかと逡巡してましたが、
    iPhoneにします。スタンドもすてき!
    大変参考になりました

  • 4Sユーザーです★

    この記事を参考にさせていただきついに本日購入しました♪

    ありがとうございます!
    これから外出に一緒に連れていくのがとっても楽しみです(*^^*)

  • Skyhigh

    はじめまして。私の場合iPhone4Sにバッテリーカバーをつけた状態でぴったりのが家にあったのでやってみました。バッチリです!!ありがとうございました。

  • Mxk03065

    失礼^^;
    F5,6辺り、空白ですよね、これに、iphoneのホームボタン機能付かないかと、探していて、こちらを拝見しました。ないですかね、これからまた探してみます
    それと、顔文字のキーにならないかとも思っています^^なればいいな!
    洗濯ばさみ、挑戦してみます!