Twitter、僕はこうやって使っています。

さて実質初めての記事ですよ。昨晩から、何書いたら良いかなってずうっと考えていました。僕が書きたいこと、読みたい人がいること、この2点が合致するのが最良ですね。悩んだ末に、とりあえず流行りに乗っておくことにしました。はい、Twitterです。

僕はTwitterというツールは、なかなか面白い性格をしているなと思っています。自分のタイムラインにはフォローした人のTweetが流れてくるわけですから、人によって見えている景色が全く異なります。また、デフォルトアイコン + 匿名でやっている人もいれば、実写アイコン + 実名で利用している人もいます。この2点、つまり「受信」も「発信」も人によって違うのですから、Twitterのとらえかた、感じ方は十人十色、千差万別なのは間違いないでしょう。

そんなわけですから、Twitterに正しい使い方なんてありません。提供されているのは機能であって、そこから何を得るかは個人に委ねられています。なので、僕は今回「こう使うといいよ」という書き方はしたくないんですね。この使い方、推奨! みたいな。ただ、僕がTwitterを利用していて、こうやったら楽しくなったな、ということをのらりくらりと書き残しておきます。まぁほとんど自分メモなんですけども。
とりあえず気になったらフォロー
世間的に(どこの世間か怪しいもんですが)、フォロワーを増やしてフォローは有意義なTweetをする人に厳選! みたいな風潮があります。でも、これもったいないなって思うんですよ。僕はTwitterのタイムラインを通じて、社会を俯瞰したいんですね。今だいたい3200人フォローしていますが、これだけの人数がいると本当に多様な生活が観測できます。タイムラインを眺めていれば、テレビの番組より面白い。自分とライフスタイルもワークスタイルも異なる人が、なにをして、なにを考えているのか、彼らのTweetから垣間見えるんですね。フォローは多ければ多いだけ、実社会に近づいていきます。

でもそんなにフォローしてたら、タイムライン追えないですよね。そこで便利なのがリスト機能です。僕は常にチェックする100人程度のユーザーを、リストにまとめています。そして以下のように利用しています。

・普段チェックするのはリスト + 自分へのリプライ。
・それを処理して手が空いたらタイムラインを流し読み。
・気になるユーザーがいたらリストへ追加。
・リストに登録するユーザーは柔軟に取捨選択する。

こうすれば、実質フォロー100人くらいの感覚で利用できます。なので、プロフィールの文章やTweetで気になる単語が見えたら、とりあえずフォローするようにしています。増えても負担になりませんからね。
とりあえずリプライを送る
Twitterはフォローをするのもリプライを送るのも、一方的にできるという特徴があります。なので、気になる人、Tweetがあったら、とりあえずリプライ(@付けるやつですね)送りましょう。で、返事が返ってこなくても気にしないでいいんです。(最初はへこみますけど・笑) Twitterっていうのは一方通行が基本で、一方通行同士がぶつかったときに偶発的にコミュニケーションが生まれるツールなんですよ。相手を気にせずリプライ飛ばしてると、思わぬところから返事が返ってきたりして、それが楽しいです。
実写アイコン + 実名
ここは個人差が大きいところです。僕は会社員ではないですから何の組織にも属していませんし、個人で活動している立場上、顔と名前が売れるメリットが大きいんですね。特にデメリットもないので、全て公開しています。

さて、実写アイコン+実名で利用することで生まれる良いことは、オンライン・コミュニケーションにおける信頼性が現実と繋がるということです。僕がこのメリットを享受していると感じるときは、Twitterを通じて知り合った方と実際にお会いするときです。普段のTweetを見ていて、どういう人間かわかってもらえている安心感があります。もちろんオンライン・コミュニケーションと現実ではギャップがある場合もなくはないですが、僕の場合かなり「素」に近い状態でTweetしているので、それがほとんどありません。

時にはあちらから、「会ってみたい」とコンタクトを取ってくれる人もいます。これは嬉しいことですね。僕で良いなら、大歓迎です。おそらく普段のTweetやプロフィールから興味を持っていただけたんでしょうけど、顔と名前がわかっている安心感もこれを助けているはずです。実写アイコン + 実名にすると、Twitterが現実に近づく感覚があります。
人が集まる場所に行く
東京は特にTwitterユーザーが多いですから、日々無数のイベントが企画されています。また、週末の夜はタイムラインを眺めれば、誰かがどこかで飲んでいます。突発的に合流したり、人を集めて飲み会開いてしまったりするのが楽しいです。
こう…ひとりでご飯食べたくない瞬間ってあるじゃないですか(笑) そういうときにTwitterのリアルタイム性というのは利便性が高いですね。寂しがり屋には最適なツールかもしれません。…自分で言うの微妙だなこれ(笑)
まとめ
書いてみて気付いたんですが、全てコミュニケーションに関わる項目になりました。おそらく僕がTwitterをコミュニケーション・ツールとして位置づけているからでしょう。途中に書いたように、Twitterはやはり「リアルタイム性」、「一方通行が重なった双方向性」というのが面白いところです。ここにオンとオフの境をなくしたコミュニケーションを加えると、さまざまな展開が見込めます。

かなり普及したとは言え、まだまだインフラとは呼べない状況です。もし携帯電話を持つ人が全員Twitterユーザーだったら…そんな思考実験も楽しいものです。

最初に書いたようにTwitterは個人差が大きいので、特に役立つ情報ではないと思いますが、東京在住、人との交流が大好きな人間はこんな使い方をしています。参考までに。

今日の私的ブックマーク

・「このドラマー、明らかに間違ったバンドにいるよね?」と思う時(動画)- らばQ
ドラマーって会場によってはお客さんから見えないんですよね。なので、必死に目立とうとする気持ちはわかります(笑) しかしこれ単純にすごい上手いんじゃないだろうか…。

・【動画】素晴らしすぎるプレーの数々、これぞ人とボールが動くサッカー! – ajickr blog – Soccer Journal – livedoor スポーツ
これは必見です! 弾丸ミドルやドリブル突破も見ごたえがありますけど、やっぱりサッカーはパスが大事ですね。どのゴールも、そこに至る過程が美しすぎます。個人的にはアーセナルとバルセロナのプレイが好きです。

Twitter、僕はこうやって使っています。 - のらりくらり.com Share on Tumblr

関連記事


  • http://ameblo.jp/mura246/ mura

    ツイッターのゆるい繋がりって結構好きです。

  • カズワタベ

    muraさん

    そうですね。ゆるりとした繋がりが心地よいです。
    でも時折、密な関係にもなれる、そんな柔軟さが魅力的です。